Skip to main content

沿革

ノキアほどの変革、新たなテクノロジーの開発、そして市場環境の変化への順応という能力を積み上げてきた企業はほとんどありません。

1865年に製紙工場として創業して以来、ノキアは何年にもわたり複数の業界で成功を収めてきました。これには、ケーブル、モバイル機器、紙製品、ゴム長靴にタイヤ、そして電気通信インフラ機器などが含まれます。

ノキアの各セクターでの成功は、その地理的な広がりを反映しています。1980年代まではフィンランドに集中する企業でしたが、その後北欧、そして欧州全域へと広がり、1990年代にはまぎれもないヨーロッパ企業になりました。そして1990年代半ば以降は真のグローバル企業へと変貌しました。2016年のアルカテル・ルーセント買収は、さらにグローバルなリーチを拡大・深化させることにつながりました。

Timeline

アルカテル・ルーセントの1部門であったベル研究所は、レーザー、トランジスター、UNIXなど、比類なき技術的イノベーションの歴史をノキアにもたらしました。ベル研究所の研究者は、アナログ、デジタル、そしてモバイルへという通信技術のシフト、インターネットの開発、そして高密度波分割多重送信システム(DWDM)のイノベーションによる爆発的なネットワーク容量増加などに主導的な役割を果たしてきました。ベル研究所はモバイル革命の先頭に立って、新境地を切り拓きました。1973年に世界初の携帯電話を開発し、またGSMとLTEの世界初の通話にも成功しました。

 

比類なきイノベーションの軌跡

1300
件以上
特許申請

(2017年)

8回
ノーベル賞
3回
ーリング賞
 
2回
ーリング賞
1回
エミー賞
1回
アカデミー賞
 

ノキアは、5Gの時代に向けて、製品とソリューションのエンドツーエンドの強力なポートフォリオをさらに強化するための戦略的買収を進めていきます。