Skip to main content

私たちの歴史

ノキアは155年以上にわたり、刻々と変化する世界のニーズに対応してきました。

1865年に製紙工場として操業を開始して以来、ノキアは、ケーブル、紙製品、ゴム長靴、タイヤ、テレビ、携帯電話など、さまざまな産業分野で長年にわたり成功を収めてきました。

ノキアの歴史

電気通信に主眼を置いたノキアの移行は、1990年代に始まりました。最初のGSMコールは、ノキアの機器を使用して1991年に行われました。携帯電話部門での急速な成功は、ノキアは1998年までに、世界で最も売れている携帯電話ブランドになることができました。2003年にノキアは、最初のカメラ付き携帯電話を導入しました。2011年には、iOSとAndroidオペレーティングシステムからの競争の激化に対処するために、ノキアはマイクロソフトとの戦略的パートナーシップを締結しました。2014年にノキアは、そのモバイルおよびデバイス部門をマイクロソフトに売却しました。

2013年に合弁パートナーであるシーメンスの買収に続き、Nokia Networksを設立したことで、Nokiaは主にネットワークハードウェアとソフトウェアのプロバイダーへと変貌を遂げました。2015年には、米仏の通信機器プロバイダーであるアルカテル・ルーセントを買収し、Nokiaのポートフォリオと顧客基盤の範囲を大幅に拡大しました。追加の買収により、ノキアは、世界で唯一のエンドツーエンドの5Gネットワークポートフォリオを提供することで、5Gワイヤレス技術への移行において業界のリーダーとなることができました。

2016年には、ノキアブランドはHMD Globalとのライセンス契約を通じて携帯電話市場に再参入し、ノキアブランドの携帯電話を提供できるようになりました。

統合と変革を成功させるための規律ある実行

統合と変革を成功させるための規律ある実行