バリー・フレンチ、最高マーケティング責任者(CMO)

1963年生まれ

最高マーケティング責任者としての業務は、会社全体のマーケティング、コミュニケーション、政府関係、業界アナリスト関係、企業責任で、従業員の健康・安全面に関する業務も含みます。2006年に入社し、ノキアシーメンスネットワークス社設立、2011年に始まったその劇的な転換、アルカテル・ルーセントの買収、ノキアブランドの再生、ハイパフォーマンス文化の育成や経営モデルの開発において、重要な役割を果たしました。2014年ノキアブランドの責任を担って以来、ブランドイメージを変革を行ってきており、かつての経営難の携帯会社から、私たちの生活をつなげていくテクノロジーの分野でイノベーションをけん引する会社として一般に認知されています。彼は、中国にあるノキアとのジョイントベンチャー企業であるノキア上海ベルの取締役会メンバーでもあります。

彼の仕事のキャリアは、政治コンサルタントの業界から始まり、アメリカをはじめとするさまざまな国の顧客と一緒に働き、顧客の公職選出や、民営化や農地改革といった大きな政治的主導権のサポートに従事していました。また、Sawyer/Miller Group、Dell、Raytheonやユナイテッド航空などでも働いてきました。ニューヨークのコロンビア大学国際関係公共政策大学院で、国際情勢の修士号を取得。

愛するカレンと結婚して約30年になります。プライベートでは、ジョギングやハイキングを楽しみ、3人の子供と、2匹のゴールデンレトリバーに必死についていっています。彼と家族はフィンランドのヘルシンキやロンドンに住んでいましたが、現在は米・ダラスに居を構えています。