ジェニー・ルカンデール、ノキアテクノロジーズ プレジデント

1974年生まれ

2019年8月からノキアテクノロジーズのプレジデントを務める。前ポジションでは、ノキアで特許ビジネスを統括し、ノキアの業界をリードする特許ライセンスプログラムを担当していました。2007年にノキアに入社して以来、訴訟、競争法、データプライバシー、貿易コンプライアンス、およびその他の規制問題を総括する上級の法律およびエグゼクティブのポジションに就いています。  

ノキアに入社する前は、ヘルシンキの大手法律事務所で競争法を中心にキャリアをスタートさせ、その後、個人および会社で19年間働き、その間、企業顧客やノキアと法律業務を提携していました。

ヘルシンキ大学で法律の修士号を取得し、フィンランド語、スウェーデン語、英語、ドイツ語を話します。フィンランドのエスポーを拠点とし、オフの時は夫や3人の息子、友人と楽しい時間を過ごしています。

 

  • ノキア、特許ビジネスの責任者、シニア・バイスプレジデント(2018~19年)
  • ノキア、特許ライセンスの責任者、バイスプレジデント(2018年)
  • ノキア、訴訟法および競争法の責任者、バイスプレジデント (2016~18年)
  • ノキア、規制法および競争法の責任者、バイスプレジデント (2015~16年)
  • ノキア、競争法の責任者、ディレクター(2011~15年)
  • ノキア、シニア・リーガル・カウンシル(2007~11年)
  • ノキア、Visiting lawyer, Nokia(2001年)
  • 弁護士としてRoschier Ltd.に勤務(1999~2007年)