Skip to main content

クリスチャン・プローラ、最高財務責任者(CFO)

Kristian Pullola

‌‌‌1973年生まれ

クリスチャン・プローラは財務の責任者であり、業務内容として、外部・内部向けレポート、業績評価、資本配分が含まれます。また、監督範囲として、IR、M&A、財務、Nokia Growth Partnersも含まれています。2017年からノキアリーダーシップチームのメンバーです。

彼は1999年にノキアに入社し、社内で数多くの重要な役職を歴任してきました。ノキアでの彼の業務は、コーポレートファイナンス、IRから会計、レポート作成まで多岐に渡っています。

2017年1月に最高財務責任者に就任し、ノキアグループリーダーシップチームのメンバーに選ばれる前は、ノキアのグループ管理のシニアバイスプレジデントの職に就き、会計、レポーティング、税務、財務のシェアードサービスについて全社展開の業務に携わり、また旧アルカテル・ルーセントの取引変更に着手するというCFOの変革も行いました。アルカテル・ルーセントの取引変更以前は、会計、レポーティング、社内管理、税務、財務、職場リソースの会社全体の業務に携わっていました。2014年4月、マイクロソフト社への装置の販売業務の以前は、業務管理、会計、レポーティング、税務、社内管理、監査などを含むすべての会社全体の財務関係に携わっていました。それ以前は、バイスプレジデント、財務・IRの部門長を歴任。1999年ノキアに入社し、はじめはコーポレートファイナンス部門での業務に従事。

銀行業界での経験があり、以前はシティバンクで働き、エクイティリサーチアナリストとして仕事のキャリアをスタートさせた。

フィンランド生まれ。ストックホルム商科大学で金融を専攻し、ヘルシンキのハンケン経済大学で経済学の修士号を取得。趣味はアウトドア、ゴルフで、美食家。

  • 2011-16年 ノキア 経理財務部門 シニアバイスプレジデント
  • 2009-11年 ノキア 財務・IR部門 バイスプレジデント
  • 2006-08年 ノキア 経理財務部門 バイスプレジデント
  • 2003-06年 ノキア 経理財務部門 ディレクター
  • 1999-2003年 ノキアの財務部門でさまざまなポジションを歴任
  • イルマリネン年金保険会社 取締役会メンバー