Skip to main content

マリア・ヴァルセロナ、ノキアテクノロジー責任者・最高法務責任者(CLO)

Maria Varsellona

1970年生まれ

2014年5月からノキアの最高法務責任者で、2018年5月にノキアテクノロジーの責任者に任命されました。2013年7月に、ノキアシーメンスネットワークスの総合弁護士として、ノキアグループに入社。

ノキアシーメンスネットワークスに入社する前は、テトラパック社で総合弁護士として従事していました。その前は、長年GEの石油・ガス部門で上席の法務担当者を務め、コマーシャルオペレーションやグローバルサービス関連の法務管理に特化していました。

イタリアとイギリスで弁護士の資格を取得し、両国で弁護士として開業し、キャリアをスタートさせました。また、イタリアのフィレンツェ大学で国際契約法の講義を行っていました。

イタリアのパレルモ大学で法学博士を取得。

時間のあるときは、シチリアで家族と一緒に過ごすのを好んでいます。

  • 前職は、執行副社長と最高法務責任者を務めていた。
  • 2013-14年 ノキアソフトウェアネットワークス 総合弁護士
  • 2011-13年 テトララバルグループ テトラパックグループ 総合弁護士
  • 2009-13年 テトララバルグループ シデルグループ 総合弁護士
  • 2006-09年 GE 石油・ガス部門 コマーシャルオペレーション・グローバルサービス シニア弁護士
  • 2005-06年 ヘルツ・ヨーロッパ シニア弁護士
  • 2001-05年 GE 石油・ガス部門 グローバルサービス シニア弁護士
  • 1998-2001年 Pini Birmingham & Partners 弁護士
  • 1994-98年 Greco法律事務所 弁護士
  • ノルデア銀行 取締役会メンバー
  • 2016年 アルカテル・ルーセント 取締役会メンバー