Skip to main content

ノキア、KDDIと日本初の液体冷却基地局ソリューションの実証実験を実施

~革新的なエネルギー効率ソリューションで冷却機能の消費電力とCO2を大幅削減、持続可能性を促進~

  • ノキア独自の液体冷却ベースバンドソリューションにより、従来の空冷システムと比較して冷却機能の電力消費を70%以上削減
  • KDDIでは、人工知能を活用してネットワーク全体の消費電力を最小化する「Nokia AVA」の試験運用も実施
  • エネルギー効率化ソリューションである液体冷却技術対応AirScaleベースバンドとAVAは、ノキアが持続可能性と気候変動に対してコミットメントしたもう1つのマイルストーン

2021年6月18日

エスポー(フィンランド) – ノキア(本社:フィンランド エスポー)は本日、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、以下、KDDI)との間で、独自の液体冷却 AirScaleベースバンドソリューションを使った実証実験を実施することを発表しました。この実証実験でKDDIとノキアは、ベースバンド装置向けの冷却システムの消費電力を、従来の気体媒体を使用した空冷ソリューションと比較して70%以上削減できることを実証します。CO2排出量を80%削減できる機能を持つ熱再利用のオプションを導入することで、効率をさらに高めることができます。KDDIの持続可能性への取り組みと気候変動への取り組みをサポートする液体冷却ソリューションが日本で初めて実証実験の中で試験的に運用されます。

従来の空気冷却システムは騒音が大きく、フィルター交換やガス交換などの定期的なメンテナンスが必要でしたが、ノキアの液体冷却ソリューションはほぼメンテナンス不要で、実質無音なため、テナントが入居している建物での使用に最適な製品です。ノキアの基地局の液体冷却装置機能は、熱が発生した部位で直接液体に取り込み、液体の循環によってその部位から熱を取り除きます。本装置は、冷却エネルギー関連のCO2排出量を70%以上削減することができます。

KDDIはまた、ネットワークにおけるエネルギー消費量の増加に対応するため、AIを活用したエネルギー効率ソリューションとして、ノキアのNokia AVAを試験運用します。このソリューションは、総エネルギーコストを最大20%削減し、持続可能なエネルギー使用パターンへの移行をサポートします。Nokia AVAは、通信事業者の専門知識、AI、クラウドベースの提供を融合させて一貫性のあるエネルギー制御を実現し、エネルギー消費をトラフィックレベルに合わせて動的に調整しながら、優れたユーザ体験も維持します。

ノキアは、テクノロジーを駆使してCO2排出量の削減に取り組んでいます。ノキアは、最新の科学に基づいた気候変動目標の一環として、1.5℃上昇の温暖化シナリオに沿って、2019年から2030年の間に二酸化炭素排出量を50%削減することをコミットしています。この目標は、自社の事業と製品群、物流、および電子機器製造における排出量を対象としています。ノキアは今回の実証実験の終了後も、CO2排出量削減ソリューションの研究開発に取り組んでいきます。

ノキア日本法人のノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社代表執行役員社長であるジョン・ランカスターレノックスは次のように述べています。

「今回の試験運用は、持続可能性と気候変動に対するノキアの取り組みにおける新たなマイルストーンです。ノキアは、この全く新しい方式である液体冷却ソリューションを導入した最初のベンダーです。このソリューションにより、通信事業者がより環境に配慮しながら大幅なコスト削減を達成できるようにサポートします」

資料

 

ノキアについて

私たちは、世界が共に行動するためのテクノロジーを創造します。

クリティカルネットワークの信頼できるパートナーとして、モバイルネットワーク、固定ネットワーク、クラウドネットワークの分野で、革新をもたらし、技術を主導していきます。数々の受賞歴のあるノキアベル研究所による長期的な研究や知的財産によって新たな価値を創り出します。

また、企業として最高水準の健全性とセキュリティを順守し、より生産的で持続可能なインクルーシブな世界の実現に向け可能性を構築していきます。

 

メディアに関するお問い合わせ:
ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
カスタマー・エクスペリエンス・マーケティング
小美濃 貴行
TEL: 03-5474-6400(代表)