Skip to main content

ノキア、ソフトバンクの5G提供へ

  • ノキアは、ソフトバンクに5G用無線アクセスネットワーク(RAN)を提供する主要パートナーとして選定されました。
  • ソフトバンクは、分散型および集中型の無線アクセスネットワークにおいて、ノキアのAirScaleソリューションを採用した5Gサービスを開始します。 

2019年5月30日

エスポー(フィンランド)– 日本の主要な通信会社の一つであるソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、商用5Gサービス開始に向けた取り組みを強化しており、5G無線アクセスネットワークを提供する戦略的サービスプロバイダとして、ノキアを選定しました。ノキアの5G AirScaleを導入することにより、ソフトバンクは、5Gに対するユーザーや産業界からの高まる需要に対応できます。

ノキアは、既にソフトバンクにさまざまな通信技術を提供しています。今回ノキアの5G無線アクセスネットワークが選定されたことにより、ノキアが誇る5Gに関する幅広い技術や製品群(エンドツーエンド ポートフォリオ)をソフトバンクに提供できるため、ユーザーの皆さまへのサービス向上に貢献します。ノキアの5G AirScaleは、分散アーキテクチャと集中型アーキテクチャの両方で、複数の周波数帯をカバーできるため、ソフトバンクのより柔軟なネットワーク構築を実現します。

ノキアの5G AirScaleは、日本各地に展開され、企業や一般ユーザに5G 環境を提供します。5GはURLLC(超高速大容量)とeMTC(同時多数接続)を備えたeMBB(超高速大容量)のサービスを提供できるため、ユーザはもちろんのこと、産業界においても、これまでにないさまざまなアプリケーションとサービスが実現できます。

 

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 代表執行役員社長のジョン・ハリントンは次のように述べています。

 「来年から5Gの導入が始まるという日本にとって非常に重要な時期に、ソフトバンク様と5Gに関して長期的な戦略を実現できることをうれしく思います。ノキアは、ソフトバンク様の商用5Gサービス開始を全力でサポートします。」

ノキアは現在グローバルで38件の5G商用契約数(うち20件は、サービスプロバイダ名を公表済み)を誇ります。ノキアは5Gの技術やサービスにおいて業界をリードしており、通信業界やバーティカル業界のお客様の5G導入をサポートしています。ノキアの強みである幅広い技術や製品群を活かし、今後もお客様のニーズに応じたソリューションを提供していきます。

 

リンク:

 

ノキアについて

ノキアは、世界をつなぐ技術を開発しています。業界で唯一、エンドツーエンドのポートフォリオを有し、世界中で利用可能なネットワーク装置、ソフトウェア、サービス、ライセンスを開発、提供しています。ノキアの顧客である通信事業者のネットワーク契約数を合計すると61億回線となります。また、民間企業や公共部門のお客様においても、生産性を高め、人々の生活を豊かにするためにノキアのネットワーク製品が使われています。

世界的に有名なノキアベル研究所をはじめとする研究チームを通して、通信のスピードや安全性を向上させ、人々の生活や経済、社会に変革をもたらすエンドツーエンドの5Gネットワークを活用していくために、ノキアは世界をリードしています。また、社会的な目的、品質、誠実さをもって技術を開発するなかで、最高レベルのビジネス倫理基準を遵守しています。www.nokia.com

 

メディアに関するお問い合わせ:

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社

マーケティング&コーポレートアフェアーズ

原田 愛

TEL: 03-5474-6400(代表)

E-mail: ai.harada@nokia.com