Skip to main content

ノキアの取り組み - さらなる持続可能な世界に向けて

Embeded image

ノキアは、人とモノをつないでいく技術ソリューションやイノベーションを通して、持続可能な発展に最も大きな影響を与えることができ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に寄与することができます。技術によって、よりよい効率性や機会の可能性の扉が開かれ、医療や教育サービスへのアクセスが改善され、さらなる持続可能で安全な地球のために、天然資源を従来よりも効率的に使っていくことができます。テクノロジーは、つながっていないものをつなげていきます。

 

ノキアの優先事項

サスティナビリティに関連する主要課題について、その重要性の評価結果に基づいて、下記の優先順位にしたがって、ノキアのサスティナビリティの活動をグループ分けしました。

  • 技術によって人々の生活を改善する。
  • 環境を保護する。
  • 誠意をもってビジネスを行う。
  • 従業員を最大限尊重する。
Nokia Banner

 

2017年のハイライト

Nokia Banner


受賞歴

ノキアはサスティナビリティに関する活動により、いくつかの賞を受賞し表彰されました。この活動は、ノキアのビジネスや顧客、他の関係者とともに、そして彼らのために、サスティナブルな発展を推進させるために行われているもので、今回の評価は、ノキア従業員の日々の熱心な取り組みを際立たせています。このような評価は、さらなる改善に向け私たちを後押ししてくれます。

WMEC

ノキアの過去の業績、現在の確固たる制度、未来に対する大胆なビジョンが認められ、2018年3月、Ethisphere Instituteにより、2018年の世界で最も倫理的な会社の一つに選ばれ、ノキアはそのことを誇りに感じています。この賞は、企業倫理やコンプライアンスに関して業界屈指の団体であるEthisphereによって、会社の指針、プロセス、社会的な責任、ガバナンス、そしてコンプライアンスの文化に対する厳正な評価プロセスに従って、厳選された少数の会社に毎年授与されます。「World’s Most Ethical Companies」(世界でもっとも倫理的な会社)と「Ethisphere」(エシスフィア)の名前とマークはエシスフィア合同会社の登録商標です。

FTSE

2018年6月の指標レビューの結果、FTSE4Good Index Seriesの構成銘柄として継続選定されました。

FTSEラッセル(FTSEインターナショナル社、フランク・ラッセル社の商号)は、ノキアがFTSE4Goodの基準に従って独自に評価され、FTSE4Goodインデックスシリーズの構成銘柄となるための要件を満たしていることを確認しました。世界的なインデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成したFTSE4Good Index Seriesは、環境、社会、ガバナンス(ESG)の分野で優れたプラクティスを実践している企業のパフォーマンスを測定することを目的としています。FTSE4Goodインデックスは、さまざまな市場参加者が、責任ある投資ファンドやその他の商品を組成・評価するために利用されています。

CDP

2018年の回答に基づき、ノキアは気候変動に関するデータ調査と気候変動データの開示を行い、再びCDP気候変動ランキングでA-評価・リーダーシップレベルにランク入りしました。(2019年2月)

Dow Jones

2018年、ノキアの決定により「Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)」からの質問に対して積極的に回答しなかったにも関わらず、同年のダウ・ジョーンズのサスティナビリティ・ヨーロッパ・インデックスに再び選定されました。サスティナビリティの格付け最大手であるDJSIでのノキアの成果は、ノキアの仕事に対する優れた評価の証です。しかしながら、回答に要する作業量は非常に多く、ノキア自身のサスティナビリティのレポートには、関連する内容が大量に含まれています。2019年、DJSIに積極的に関わっていくかどうかの決定は、2018年の年末に下される予定です。この決定とは関係なく、ノキアは引き続き、ノキアのサスティナビリティの仕事や活動を前に進め、透明性を確保してノキアの業績を報告します。(2018年9月)

Robo

ロベコSAM - ノキアは、通信業界における最上位ランクの会社の1つとして、2018年のサスティナビリティ年鑑に掲載されることになり、サスティナビリティの業績に対してゴールドクラスの名誉を賜りました。

CSR

2018年はEcoVadisが評価した取引先の上位1%に入り、環境、持続可能な調達、労働慣行において優れたスコアを獲得しました。Goldレベルを達成し、88/100のスコアは「優れた」でありました。EcoVadisは、評価のための持続可能性に関する年間情報を提供するプラットフォームの1つで、お客様のご要望に応じて情報を共有します。(この最新情報は、2018年8月に入りました。)

 

「Corporate Knights」 ランキングで、Nokiaは再び世界で最も持続可能な企業100社に選ばれました。今年で5年連続で選ばれました。Global 100ランキングは、持続可能性のリーダーシップと透明性に広く関連しています。(2019年1月)

Euronext

欧州120、ユーロ圏120、グローバル120で、再びEURONEXT指数の対象となりました(2018年12月)。

China

2017年11月、ノキア上海ベル(NSB)は、中国ICT CSRのマネジメントシステムを実行するためにChina ICT CSR Pilot Enterpriseと名付けられました。NSBは、このシステムを中国で実行した先駆的な企業の一つです。

Quest

弊社は、ネットワーク機器部門で、QuEST Forum 2017 Global Sustainability Awardを受賞する栄誉を賜りました。

Glomo

弊社は、第22回GSMAグローバルモバイルアワードで最優秀モバイルネットワークIoTイノベーション賞を受賞しました。この賞は、弊社の革新的なIoTエンドツーエンド・ソリューションに対して与えられました。このソリューションには、プロトコルやアプリケーションを問わずデバイスを安全に運用する標準型プラットフォームであるIMPACT(Intelligent Management Platform for All Connected Things)が含まれ、それはノキア社の顧客の成長するIoTのニーズにあわせて、拡張可能です。

 

2017年、ノキアはサステイナリティクスの格付けで、リーダーレベルを獲得し、カナダのメディア・リサーチ企業であるコーポレートナイツ社によって、世界で最も持続可能な企業100に引き続き選ばれました。

ノキアの受賞と報賞の概要の詳細に関しては、Our awardsをご覧ください。 

2017年における持続可能性についての主な業績

ノキアは、気候変動の影響の緩和に貢献するための弊社の取り組みについて誇りに思います。ノキアは、科学的根拠に基づく目標(SBTイニシアチブ)を用いて科学的に目標を設定し、それを達成した最初の通信ベンダーになりました。ノキアは、弊社の業務からの排出を2030年までに41%減らすという長期目標を設定し、スコープ3(企業のサプライチェーン(バリューチェーン)全体に相当する範囲)の排出削減の設定を行います。具体的には、主にノキア製品のユーザ使用による排出を2030年までに75%削減することを目標とし、両方の目標基準値は2014年としています。

われわれは、顧客のエネルギー消費や排出を削減するサポートを熱心に取り組み続けています。世界中の120の顧客にゼロエミッションの製品を届け、顧客の無線基地局を新しくすることで、以前と比べて平均44%のエネルギー削減になりました。

人権に対する約束のひとつとして、ノキアは、2017年3月に通信機器の供給者として唯一かつはじめて、Global Network Initiative (GNI)の委員会に本会員として快く参加しました。

ノキアは、ノキアのサプライチェーンにおける透明性について熱心に取り組み続け、サプライヤとの仕事を増やしています。一方、サプライチェーンにおける現代の奴隷労働に対抗する際のデジタル技術の役割について、より一層の幅広い対話を促しています。

2017年、ノキアの地域社会の投資プログラムを通して、約254,100人の生活が改善されました。そして、累計で2016年から17年の間で約1,122,400人がすでにノキアのプログラムから恩恵を受けています。

ノキア自身の業務の中で、全エネルギーの消費量が3%減り、水の使用量が14%以上削減されました。  また、ノキアの建物から出される廃棄物の80%以上が再利用されました。その上、ノキアの使用電力量の20%は再生可能資源からつくられており、ノキア全体の施設から二酸化炭素排出を4%削減することに貢献しています。

ノキアの優先事項とターゲット

2017年、同年から2030年にわたる持続可能な事業の中で、46の短長期的な会社目標を設定しました。ノキアの目標、達成度、現状、そして関連する新しい目標についての詳細な表を下記で見ることができます。2017年の年末まで、46の短長期の目標のうち、10の目標が2017年に達成され、3の目標は未達に終わりました。2017年には、2018年の目標の1つが前倒しで達成されました。32の長期目標のうち28の目標については順調に進んでいますが、残り4つは計画通りには進んでいません。2018年以降、10の新しいターゲットが設定されました。

関連資料ダウンロード