マーカス・ウェルドン 最高技術責任者(CTO)兼ノキアベル研究所所長

1968年生まれ

彼の職務は、会社全体の技術戦略を定義し、ノキアビジネスのグループとともに、その戦略の具現化を促し、そして、同研究所から生み出され、いままでのやり方を覆すようなイノベーションを活用することです。

ノキアの子会社になる前は、アルカテル・ルーセント社の技術戦略とアルカテル・ルーセント傘下のベル研究所の責任者であり、それ以前は、アルカテル・ルーセントとルーセントテクノロジーの社内にある多くの事業部門の技術戦略のグローバル責任者でした。

1995年、AT&Tのベル研究所に入社。物理研究部門の博士研究者として働き、その後技術員として働き、1997年ルーセントテクノロジーズのベル研で新しい光ファイバーや光通信技術開発に従事しました。

英・ロンドン大学キングス・カレッジでコンピュータ科学と化学の学士号、米・ハーバード大学で物理化学の博士号を取得。物理、化学、コンピュータ科学、通信の専門知識を持っているが、今後の人間の存在について幅広い分野にも興味を持っている。

  • 2013-16年 最高技術責任者およびアルカテル・ルーセント(その後ノキア)傘下のベル研究所の代表
  • 2009-13年 アルカテル・ルーセント 最高技術責任者
  • 2006-09年 アルカテル・ルーセント ブロードバンドネットワーク&ソリューションズ 最高技術責任者
  • 1997-2006年 ルーセントテクノロジーズ ベル研究所 技術員
  • 1995-1997年 AT&Tベル研究所 博士課程修了後の技術研究員