サンドラ・モトリー、固定ネットワーク プレジデント

1959年生まれ

サンドラ(サンディ)は、現職の固定ネットワークのプレジデントの前は、固定ネットワークのCOOを務めていました。彼女のキャリアはベル研究所で始まり、軍用システムの設計、分析、製造を担当するチームを率いました。その後、無線部門に移り、製品設計、入札と提案、契約管理、ポートフォリオ製品管理に関する専門知識を披露する一連の役職を経験しました。

また、アルカテル・ルーセント基金の理事を務め、ノキアのHISPA組織のエグゼクティブ・スポンサーでもあります。彼女はまた、通信業界のLight Reading’s Womenの顧問にも任命されました。米・ニュージャージー州のフェアリー・ディキンソン大学で金融学のMBAを取得し、米・マサチューセッツ州のスミス・カレッジでエグゼクティブ・ビジネス・プログラムを卒業。また、米・コロンビア大学でポスト・マスターとして機械工学の研究を行い、バッファローのニューヨーク州立大学で機械工学の学位を取得。時間のあるときは、読書やスポーツ観戦をしたり、家族と過ごしたりしています。

  • ノキア、固定ネットワーク部門 COO(2017~18年)
  • ノキア入社(2016年)
  • アルカテル・ルーセント、無線事業部門 COO(2011~13年)
  • アルカテル・ルーセント、米国無線部門 バイスプレジデント・セールス(2009~11年)
  • アルカテル・ルーセント、CDMA製品ユニット バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャー(2007~09年)
  • アルカテル・ルーセントで、北米およびカリブ海およびラテンアメリカにおいて、無線事業のプリセールス・ポストセールスおよび営業活動におけるさまざまな役割を歴任