トンミ・ウイット、モバイル・ネットワーク プレジデント

1969年生まれ

彼はモバイル・ブロードバンド・ネットワークの開発に情熱を傾け、また、顧客がこれまで以上に優れたモバイル・カスタマーエクスペリエンスを提供し、IoTを構築することで、顧客の収益が上がることに情熱を注いでいます。

ノキアのモバイルネットワークのビジネスグループの責任者として、5Gをマーケットに投入することで、業界だけでなく社会そのものをかたち作っています。

前ポジションでは、モバイルネットワークのセールス部門を世界規模で率い、西ヨーロッパにおけるノキア・ネットワークスの事業を統括しました。2G/GSMの全盛期に通信業界に入り、3GとLTE技術の導入と展開に一役買いました。4Gが最初に韓国、日本、スカンジナビアで開始されたとき、彼はLTE無線アクセスの事業を担当していました。

フィンランドのヘルシンキ工科大学と米国のミシガン工科大学で修士号を取得。現在はフィンランドに拠点を置き、アメリカとフランスの居住経験もあります。

  • モバイル・ネットワークス、グローバル・プロダクト・セールス、シニア・バイスプレジデント(2016年~18年)
  • ノキア・ネットワークス、カスタマー・オペレーション、グローバルMBBセールス、シニア・バイスプレジデント(2015~16年)
  • ノキア・ネットワークス、カスタマー・オペレーション、西ヨーロッパ、シニア・バイスプレジデント(2013~15年)
  • ノキア・シーメンス・ネットワークス、モバイル・ブロードバンド、無線責任者(シニア・バイスプレジデント)(2012~13年)
  • ノキア・シーメンス・ネットワークス、モバイル・ブロードバンド、グローバルLTE無線アクセスビジネスライン責任者(バイスプレジデント)(2011~12年)
  • モバイルブロードバンド、品質責任者(2012年)
  • ノキア・シーメンス・ネットワークス、ネットワークシステム、製品管理責任者(2010年)
  • ノキア・シーメンス・ネットワークス、無線アクセス、製品管理責任者(2009年)
  • ノキア・シーメンス・ネットワークス、WCDMA/HSPAおよび無線プラットフォーム製品管理責任者(2008年)
  • ノキア・シーメンス・ネットワークス、WCDMA/HSPA製品ライン管理責任者(2007年)
  • ノキア・ネットワークス、無線制御製品管理、ゼネラルマネジャー(2005~07年)
  • オレンジ(旧フランス・テレコム) ノキア・ネットワークス、セールス&マーケティング(リードセールス・ディレクター)、ディレクター(2002~05年)
  • ノキア・ネットワークス、北ヨーロッパ 中央・東ヨーロッパ 中東地域、オペレーションディレクター(1999~2002年)