Skip to main content

ノキア、キャッチネットワークにローカル5Gネットワークを提供

  • キャッチネットワークは、愛知県西三河地方の企業や製造業向けに自律型5Gネットワークを提供
  • ローカル5Gネットワークにより日本の製造業の中心地でデジタルトランスフォーメーションとインダストリー4.0を加速

2021年4月20日

エスポー(フィンランド) – ノキア(本社:フィンランド エスポー)は、日本のCATV事業者である株式会社キャッチネットワーク(本社:愛知県刈谷市、以下キャッチネットワーク)によって、愛知県の製造業の密集地域全域に5Gスタンドアロン(SA)のローカル5Gネットワークを提供する企業に選定されました。キャッチネットワークは、同地域の企業向けに、産業レベルの自律的なプライベートワイヤレスネットワークを提供します。

今回の合意により、キャッチネットワークは日本の自動車産業およびハイテク製造業の中枢である愛知県で、ローカル5Gネットワークの導入を容易にし、簡素化することを目指しています。ローカル5Gネットワークにより、製造、自動車、産業の各部門は、IoT、機械学習、AI、自動化を導入し、効率性、安全性、生産性を向上させることができます。

キャッチネットワークは愛知県を拠点とし、ケーブルテレビ、インターネット、通信サービスを提供しています。同社は、地元のビジネスコミュニティに重点を置いており、今回の導入が同地域におけるローカル5Gネットワーク開発とデジタルトランスフォーメーションにむけた活発なエコシステムの確立にも役立つと期待しています。

キャッチネットワークは2022年第2四半期にローカル5Gネットワークの商用サービスを始めます。最初は3台の基地局でサービスをスタートし、最終的には、100台以上の基地局を配備する予定です。エンドツーエンドの5Gネットワークのインフラストラクチャに加えて、ノキアとシステムインテグレータの伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が継続的なサービスを提供します。

株式会社キャッチネットワークの代表取締役副社長執行役員である山田達也氏は、次のように述べています。「愛知県には製造業の会社が非常に多く集まっています。ノキアの5Gの専門技術を活用することで、私たちは愛知を拠点とするメーカーが信頼性と安全性に優れた高帯域幅のネットワークを利用できるようサポートすることができます。このネットワークは、インダストリー4.0のユースケースに不可欠な超高速接続と低遅延を提供します」

ノキアの日本法人であるノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社エンタープライズビジネス統轄 執行役員のドニー・ヤンセンスは次のように述べています。「ローカル5Gネットワークは、製造業のデジタルトランスフォーメーションの重要な要素です。キャッチネットワーク様は、高性能の5Gネットワーキングを地元企業に提供し、製造業のイノベーションにおいて、地域のリーダーシップを強化する上で重要な役割を果たします」

製造業部門で、ノキアのプライベートワイヤレスネットワーキングはお客様のデジタルトランスフォーメーションを推進するために必要な拡張性、柔軟性、およびカバレッジを提供しています。インダストリー4.0による変革の利点を活用するために、市場には産業レベルのワイヤレスネットワークに対する強い要望があります。

ノキアは、さまざまな業界でプライベートワイヤレス分野を開拓し、現在では世界中で260社以上の大企業の顧客を持ち、そのうち30社以上が5Gを採用しています。ノキアは最近、GlobalDataによってプライベートワイヤレス分野のリーダーに指名されました。

その他の資料:

ノキアについて
私たちは、世界が共に行動するためのテクノロジーを創造します。

クリティカルネットワークの信頼できるパートナーとして、モバイルネットワーク、固定ネットワーク、クラウドネットワークの分野で、革新をもたらし、技術を主導していきます。数々の受賞歴のあるノキアベル研究所による長期的な研究や知的財産によって新たな価値を創り出します。

また、企業として最高水準の健全性とセキュリティを順守し、より生産的で持続可能なインクルーシブな世界の実現に向け可能性を構築していきます。

メディアに関するお問い合わせ:
ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
カスタマー・エクスペリエンス・マーケティング
小美濃 貴行
TEL: 03-5474-6400(代表)