Skip to main content

九州初のローカル5GプライベートワイヤレスネットワークサービスにNDACを提供

プレスリリース  
 

九州初のローカル5GプライベートワイヤレスネットワークサービスにNDACを提供
 

  • 九州で初めて商用周波数免許を取得し、ローカル5Gネットワーク展開
  • 産学連携としては国内初となる無線局免許を取得し、九州工業大学キャンパスにローカル5G環境を構築、視覚障害者支援などローカル5Gを活用した新しい社会実装前技術の実証フィールドを提供  
     

2021年3月4日 
 

東京(日本)–ノキア(本社:フィンランド エスポー)は、九州地区を中心に通信サービスを提供する株式会社QTnet(本社:福岡県福岡市 以下、QTnet)が2020年4月より開始しているローカル5Gのプライベート・ワイヤレス・ネットワークへ無線設備を提供したことを本日発表しました。商用周波数免許の取得を通じてローカル5Gネットワークが展開されるのは、九州では今回が初めてとなります。

QTnetは光ブロードバンドサービスおよび法人向けICTサービスを顧客に提供しており、今後はローカル5G技術を始めとした新たな分野への取り組みを進めております。このプライベート・ワイヤレス・ネットワークは、九州地域全体のデジタルトランスフォーメーションを推進するハイパフォーマンスなプライベート・ワイヤレス・ネットワークおよびエッジ・コンピューティング・プラットフォームとして期待されます。Nokia Digital Automation Cloud(NDAC)を基盤として展開しています。
 

今回、国内初の産学連携事例として、QTnetは九州工業大学と協力して同大学キャンパス内にローカル5G環境を構築し、ローカル5Gの実証事業を展開しています。実証事業には、セルフサービスの店舗、視覚障害者のための歩行サポート、カフェテリアの混雑度の監視、パートナー企業や研究室との新しい試みも含みます。このローカル5Gの実現には、Nokia Digital Automation Cloud(NDAC)をサービス基盤として利用しています。
 

株式会社QTnetの取締役専務執行役員である毛利定夫氏は、次のように述べています。
「ローカル5Gは、お客さまのQOLを劇的に向上させながら、新しいアプリケーションとビジネスモデルを実現する可能性を秘めています。九州工業大学様や民間のパートナー企業様に社会実装前の技術を提供いただき、産学連携した共同研究を進めることで、5Gを活用した社会課題の解決や新たなサービスの創出を目指してまいります。信頼性の高いプライベート5Gネットワークを提供してきた実績のあるノキアと、国内初の産学連携かつ九州初のローカル5Gサービスを開始できたことは、新たなビジネス創出のための重要なマイルストーンになります」  
 

ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社エンタープライズビジネス統轄執行役員のドニー・ヤンセンスは次のように述べています。
「九州初のローカル5Gプロジェクトである本取り組みで、QTnet様と協業できることをうれしく思います。九州の企業の皆さまは、高性能なローカル5Gネットワークを利用することで、革新的な新しいサービスやアプリケーションを活用し、業務を変革することができます。魅力的な5G体験を提供しながら、ローカル5Gのプライベート・ワイヤレスのエコシステムを拡張していくことを楽しみにしています」  
 

資料

ノキアについて  
ビジネス、都市、サプライ・チェーン、社会にまたがる世界のインテリジェンスを統合するために、クリティカルなネットワークとテクノロジーを構築します。
 

数々の受賞歴のあるノキアベル研究所が推進するイノベーションとテクノロジーのリーダーシップへの取り組みにより、モバイル、インフラ、クラウド、およびイネーブリング技術にまたがって科学の限界に挑むネットワークを提供します。    
 

高水準の一貫性とセキュリティを維持しながら、より生産的で、持続可能で、インクルーシブな世界に必要な機能の構築をサポートします。   
 

最新情報については、www.nokia.comでご覧いただくか、Twitterで@nokiaをフォローしてください。
 

メディアに関するお問い合わせ: 
ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
カスタマー・エクスペリエンス・マーケティング
小美濃 貴行
TEL: 03-5474-6400(代表)